秋田県横手市選出 県議会議員|小原 正晃 ( おばら まさてる ) ウェブサイト

おばらまさてるです

小原 正晃 ( おばら まさてる ) |「1人でも多くの雇用を、1円でも多くの所得を。」そのために行動する議員が必要です。

ごあいさつ
みなさまのおかげで、また4年間、秋田県議会議員として仕事をする機会をいただきました。衷心よりお礼申し上げます。「地域にあった環境整備を提案していくこと」、「次の世代に繋ぐこと」、そして「声なき声を届けられる政治家となること」を目指して、お力添えをいただいたみなさまへの感謝の気持ちを力に、これからも仕事でご支持に報いてまいる所存です。
さて、改選後の6月県議会で大きな議論になった「平和安全法制関連法案の早期成立を求める意見書」でありますが、自民党・公明党による議会内の数の力で、「全国都道府県議会初」の歴史的暴挙ともいえる不名誉な採択となってしまいました。
私たちは県庁前で断固反対の座り込みなどを行い、議場でも反対しましたが、国民県民の総意ではない意見書を秋田県民の声として採択させてしまったのは痛恨の極みです。
やはりバランスの取れた政治を行うためにも「しっかりとした野党」が必要であると強く感じました。
県民市民の声を届ける野党議員として、こういった問題一つひとつをこれからも粘り強く県政の場で議論してまいります。
引き続き、みなさま方のご指導を心よりお願い申し上げます。
小原 正晃 ( おばら まさてる ) の思い|すべては雇用と所得から。
私たちが秋田で暮らせるのは、そこに雇用と所得があるから。福祉・医療、教育・子育て支援…あらゆる「支え」の根幹にあるのは、雇用と所得です。出来ることは何でも。すぐに。今、必死に働いている人、働きたくとも仕事がない人、新たに社会に出る若者…1人でも多くの雇用、1円でも多くの所得を生み出すために、政策を立案し、秋田の営業マンとして、自ら売り込みに走ります。
活動報告
私と会派の活動報告紙を発行しております。
議会での質疑やその時々の県政課題に対する考えなどをご報告しておりますので、是非ご一読ください。



  • now loading ・・・

  • 県北の雪害被害調査へ。
  • 2015年3月 6日 15:00
  • 今日は朝の辻立ちを富士見大橋交差点で行い、そのまま200キロ以上離れた小坂町、鹿角市へ向かいました。 県議会農林水産委員会で県北の雪害被害調査です。 県南では4年連続の雪害被害となりましたが、今年は県北が特に大きな被害を受けています。 県南の時のように、しっかりとバックアップしていきたいと思っていま
  • 卒業式。
  • 2015年3月 1日 15:27
  • 子どもたちの未来のために。
  • 2015年2月21日 11:22
当サイトに使用されている全ての文章、画像、写真のいかなる無断転載も禁止しています。
Copyright (C) Obara Masateru.All Rights Reserved.